SEO対策の外的要因のひとつに被リンクをどれほど獲得しているか、ということがありますが、被リンクのSEO効果が現在どれほどあるのか考えてみました。

被リンクによるSEO対策は健在

僕は被リンクによるSEO対策は現在でも有効であると考えます。
この「被リンクSEO対策」は自作自演のことだけを指すのではなく、優れた人の役に立つコンテンツを作ってシェアしてもらうことも含みます。

獲得リンク数は人気投票

リンクをたくさん獲得出来るということは、それだけコンテンツが人に推薦されているとされ、このことがGoogleの検索順位のランキング決定に影響を及ぼしているのはほぼ確実だと考えます。
クローラーは人間とまったく同じように文脈を理解できるわけではないので、被リンクを指標にしているというわけです。
なので、人気投票なので基本的には獲得票が多いほうが評価されます。
しかしながら、これが原因で自作自演による悪質なリンクやリンクプログラムへの参加、被リンク購入といったGoogleが推奨しない手法が横行しました。

現在ではリンクの量だけでなく「質」も重視されます。

平等に1票ではない

人気投票と言いましたが、実際は不平等な投票であるといえます。
価値の低いサイトやスパムを働いているサイトからの被リンクは評価が低くなったり、ゼロになったり、さらにはマイナスのSEO効果をもたらすこともあります。

人気投票という表現方法を用いましたが、通常の投票とは異なり「リンクの質」も評価されます。
つまり、内容の薄いサテライトサイトからのリンクは不要になるが、リンクの質と量はSEOの外的要因として大きいということです。

では被リンクSEO対策はどうやる?

大きく2つの被リンクの方法があります。

読者の心に刺さるコンテンツの生産

1つはベタですが、人の悩みを解決する良質なコンテンツを制作し、シェアを集めることです。これは時間と労力を惜しまずにやるべきで、記事はクラウドソーシングで済ませるなどという考えたやめておいたほうが、結果的に早くSEOの成果を上げることができます。

低品質な誰もシェアしないようなコンテンツに自作自演のバックリンクを送っても効果はありません。
理屈抜きに考えても、誰も見ない・一瞬で離脱するようなページにリンクが集中しているなんて不自然です。滞在時間、直帰率までSEOの評価対象に含まれると考えておくことが安全性が高いと考えられます。

サテライトではないサイトからの紹介

ペラサイト・サテライトサイトなんて呼ばせないくらい優れた役に立つ(トラフィックがある)サイトからパワーのあるリンクとトラフィックを送ります。
自作自演は100%悪ではありません。
例えばコーポレートサイトから自社サービスにリンクを送ることは悪ではないどころかユーザビリティを求めた結果ですよね。

このように自作自演でもリンクの獲得だけを目的としないで、ユーザーに優れたコンテンツを紹介してあげるような場合はペナルティの対象ではないし、むしろ歓迎される行為です。

まとめ

被リンク全てのものが悪とは限りません。
まったくニーズを無視した被リンクの自作自演はインターネット全体の価値を下げることにつながりますが、ユーザーの求めるコンテンツにリンクで誘導するのはSEO観点でもUIの観点でも正しい手法だと考えます。